5B914162-7F2D-4DCB-BD76-C4039535501B.jpg

About

こんにちは。

FJ、61歳、東京在住。

いろいろなものを日々作り出す仕事をしています。

好奇心旺盛で興味を持てばとことん追求、いったん走り出したら

もう誰にも止められません。

小さい頃から極度に光を眩しがり、もしかして自分はバンパイヤなのではないかと不安になったり、調理した翌日のお肉が臭くて食べられなくてまわりから神経質、贅沢と責められ、聞こえない音を聞き取るたびに犬みたいと言われ。

本人はたいそうつらいだけに、周囲の反応はさらに自分を追い詰めるものでしかありませんでした。

唯一良かったのは絶対音感と珍重されたことくらい。

こんなことを書いている間にも、防音の部屋のどこかからレとレのフラットの妙な不協和音が聞こえてきます。クラリネットのような音ですがレのピッチが少し低く大変不快、リズムもズレていていやな感じ、おそらく外が強風なのでクーラーに風がはいって鳴っているのかと。なのでその音を消すために騒がしい音楽をかけてみました。

自分はどこか異常なのだとずっと思っていましたが、HSPだとわかってどんなに安堵したことか。これは気質であり、他にも同じことで悩んでいる同族が存在するのだとわかりとても嬉しかった、そういう方はきっと多いことと思います。

アーロン先生には感謝でいっぱいです、本当にありがとうございます!

(HSPという言葉はエイレン・N・アーロン博士のご提唱です)

また私はラッキーにも仕事柄クリエイティブな方たちとお付き合いがあり、彼らは私のこれを個性と認めてくれていたのでそれを支えに耐えてこられました。

理解者が近くにいることは私たちにとって、とても大切なことだと思います。

はずれた音、くさいニオイ、まずいもの、痛みなどは必ずしも美しいものではないです。つまり我々は完全なる美学のもとに生きることを許された人間なのです、と、とりあえずは考えることにしましょう。

だから私たちは、、、

 

 

           美学

これに生きる。

そしてこれが

          

 

 

           特技

 

であると認識します。

私たちのこの特殊能力をいかした仕事や活動がこの先に待っています。

人にはわからないものがわかるのですから。

​大丈夫、つらかった日々はこれから意味のあるものに変わります。

さあ、ご一緒に輝かしく楽しい未来へまいりましょう!

​ABOUT

HELLO,

I am FJ, 61 years old, I live and work in Tokyo.

I work to create various things day by day.

If I am curious and interested in pursuing it, no one can stop me once I start chasing.

 

Since I was little, I was susceptible to light and was worried that I might be a vampire.  I couldn't eat meat cooked the day before because it was smelly and everyone told me I was spoiled, and every time I heard  a sound that others couldn't, everyone told me I was like a dog.

It was so painful. The reaction of anyone around me was nothing less than frustrating.

The only good thing was that everyone valued me for having an absolute pitch.

 

While writing this, I hear strange dissonant sound of D note, and D flats note from somewhere in the soundproof room.

It sounds like a clarinet; the D note is a little low,  are unpleasant, and the rhythm is off. An unpleasant feeling that may be a sound caused by the strong wind blowing outside going into the air conditioner.

So I played loud music to mute the sound.

 

I've always thought something was wrong with me, but how relieved I was to know I was a HSP.

Being a HSP is a trait, and I was happy to know that other people were worried about the same thing. I think that there are indeed many such people.

 

I'm so grateful to Dr. Aron. Thank you so much!

 

I was also lucky enough to have a relationship with creative people because of my work. They recognized me as a personality; because of that, I was able to endure it.

It is essential to have people who understand us.

 

 

The off note, the unpleasant smell, the bad food, the pain, etc. are not necessarily pleasant.

For the time being, let's recognize that we are selected to live under perfect aesthetics.

 

That's why we……….

live with aesthetics

 

and this is our

Special skill

We recognize that these are our traits.

 

Practices and activities that make use of our unique ability are waiting for us in the future.

You recognize things that they have difficulty understanding.

 

It's okay; the hard days will turn into something meaningful from now on.

Join us for bright and enjoyable future together!